整体

整体師の資格取得でプロになろう|正しい知識を身に付ける

整体の知識や技術を学ぶ

肩のマッサージ

職業として整体師になりたい場合には、整体の知識や技術を高める必要があるため、資格を取得する事が肝心です。整体師の資格を取得する事で、自分の知識や技術に自信を持つ事ができますし、整体院だけでなく色々な職場で役立つためオススメです。

詳しくはこちら

職に就くために

スーツの人

整体師になるためには国家資格は必要ありませんが、基礎医学や技術を学ぶ必要があります。独学でも可能ですが、専門のスクールに入学するのが良く、基礎から教えてくれて就職先も紹介されるので、志すならもっとも良い方法になります。

詳しくはこちら

肩こりを改善できる仕事

肩こり

整体師は国家資格が資格なく、誰でも開業できる仕事ですが、指圧やマッサージは行えないので注意が必要だ民間の資格はあるので、整体師になるための専門学校などで学んで、取得することができます。通信講座でも学ぶことができ、資料を請求すれば講座の内容がわかります。

詳しくはこちら

健康法の専門家になる

白衣

日本独自の代替医療

近年では、痛みや不快感といった身体の不調を改善するのに西洋医学とは異なるタイプの健康術の力を借りる人が増えてきています。その代表的なものとしては鍼灸やマッサージなどがありますが、整体もその1つに挙げることができます。整体は中国医学や西洋伝来のカイロプラクティックなどさまざまな民間医療をベースとしながら、日本において独自の発展を遂げた代替医療です。骨格の歪みを矯正したり筋肉のこりをほぐしたりすることで四肢のバランスを整え、体調を改善します。この整体を施すプロの技術者を整体師といいます。医学における医師と同様の位置づけですが、医師と異なり国家資格ではない点には注意が必要です。ただし業界団体が認定する独自の資格制度が存在し、多くの整体師はその資格を取得したうえで業務に携わっています。

養成講座で技能を習得

整体師になるには各種学校などが開設している養成講座で知識や技術を学び、認定資格を取得してから就職するというのが一般的です。主な就職先は整体院と呼ばれる施術施設で、勤務するだけでなく自ら開業することも可能です。整体師は先にも述べたとおり民間資格であるため、学習期間やカリキュラムの内容はそれぞれの団体または学校によって異なります。学習期間のおおよその目安としては入門科が1〜2か月前後、独立開業をも視野に入れた本科が4〜6か月程度といったところです。学校によってはリフレクソロジーなどの他の健康術を一緒に学べるところもあります。整体院は病院等と異なり細かい設置基準などがないため、施術メニューを多様化することで顧客獲得を目指すことができます。

Copyright© 2016 整体師の資格取得でプロになろう|正しい知識を身に付ける All Rights Reserved.